理不尽な人に対して・・・

一歩一歩、春が近づいてきましたね~
って言うか、花粉症に悩まされる日々。辛い!
鼻声になっていますが、風邪ではありませんので・・・

人から喜ばれたり、褒められることは仕事の「やりがい」や「やる気」の下支えになっています。
誰からの役に立っている、社会から必要とされるとやっぱり嬉しい。
業種を問わず、普遍的な人としての素直な感情なのでしょう。

世の中には理不尽な人もいる。クレームは自店、自社の課題を突きつけている。
故にクレームには全力でそれを補わなければならない。
クレームと理不尽は似ても似つかないもの。

理不尽な要求、振る舞いを行う人はお客さんではない・・・
本来、お店とお客様の関係は対等な関係のはず。
理不尽な人は自分が理不尽な振る舞いをしていることに気付いていない。
理不尽な人に対しては「お店としてお客さんを選ぶ」という姿勢も重要だと思う。
専門店として、丁寧に毅然と「NO」と言えるお店、会社を目指したいものですね・・・
そういうお店、会社には理不尽な人が寄ってこないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください