商品=完成度

飲食であれ、お菓子であれ商品開発は何度も何度も試行錯誤して行われるもの。
微妙なサジ加減が完成度を高める。
設計の仕事も同じようなところがある・・・
頭の中で想像を膨らませ、膨大の情報を整理し、法規を守り、何度も何度も色目なり質感、ディティールを検討する。そしてコストを睨みながら進める作業。

写真は尼崎商店街にある、かもぼこ専門店の「枡千」さん。
創業140年の老舗です。ギュと詰まったプリプリの食感。できたては美味しいね~・・
行列ができるほどの専門店。下町尼崎の粋な銘店です。

いい商品は完成度が高いよね~・・
老舗だから・・・ということではないと思う。限られた時間の中で何度も何度も試行錯誤する。その粘りであったり、変化がプラス1点に繋がるはず。
経験を積んでいれば、70点は超えられる領域・・・そこからの積み上げが難しい。
70点が到達点ではない。

長く売れ続けている「商品」は間違いなく、90点を超えている。その理由は明快。
美味しさを長きに渡って追求し続けているから・・・

商品づくり、ものづくりは諦めずに100点を目指すべきだと思う・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください