ひれ伏す感じ・・

初めての日光東照宮・・・
300年前に植えられた日光の杉並木は天高く伸び、その幹の太さに驚かされます。
この凛とした杉並木の街道を大名行列が通ったんですね・・
その飾らないシンプルな杉並木の先に、日本が世界に誇る宗教建築、日光東照宮へと繋がっています。

人々を魅了する圧倒的な装飾美・・圧巻ですね・・・
モダニズムな建物が当たり前の現在とは全く異なる価値観。
人の手が加わった装飾、ディティールは職人さんそれぞれが自分と向き合った結晶のようなもの。
忘れさられそうな様式、装飾の持つ神秘性に現在の僕らも魅了される・・
圧倒的な装飾パーワーにひれ伏す感じです(笑)

スマホの電池が切れて撮影ができなくなったけど、僕の目にしっかり焼きいています。
さすがは世界遺産です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください